ネイリストはどのような人に向いている?特徴と向いていない人を紹介

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/07/25

?

今回は、ネイリストに向いている人特徴とはどういう人なのかを解説します。向いている人がいる一方で、向いていない人の特徴もあります。とはいえ、向いていない人でも、努力次第でネイリストとして働くことができるので、諦めてはいけません、自分なりに攻略できる方法を見つけてネイリストに近づきましょう。

ネイリストに向いている人の特徴

ネイリストに向いている人の特徴は、主に3つあります。詳しく解説します。

細かい作業が好き

細かい作業か好きであるかは、仕事をするうえで重要なポイントです。

ネイリストは細かな作業を一日中行います。デザインによっては、キャラクターを描くこともあり、その際はとても細かな柄や表情を表現することが欠かせません。

数ミリ単位で太さや位置を間違えると、ネイルの見た目が違ってくるので、細かな作業に集中できる人はとても向いているといえます。

人と関わることが好き

人と関わることが好きな人もネイリストに向いています。

ネイリストは、ただネイルを仕上げるだけではありません。ネイルを施術している間は、顧客と話すことでもてなします。人に興味を持って、ネイルのこだわりや好きなアイドルなどの話に耳を傾けることも重要な仕事です。

そこからネイルに工夫を取り入れるケースもあります。話の盛り上がりでもネイリストにリピーターがつくかが決まるので、重要視したいポイントです。

ネイルが好き

ネイルが好きであることは大前提といえます。

とくに女性は子どものころにネイルやメイクでワクワクした経験や、週末・夏休みにすることも多いかと思います。

違う自分になれるワクワクやときめきをきっかけにネイルに興味を持つ人もいるでしょう。単純にネイルが好きという思いだけでも、ネイリストになろうと努力をできる熱量を持っているので、ネイリストに向いています。

ネイリストには向いていない人

ネイリストに限らず、どの職業でも向き不向きはあります。

ネイリストの仕事の特徴から、向いていなさそうな人の傾向を紹介します。それぞれ説明します。

細かい作業が苦手

細かい作業が苦手な人は、ネイリストには向いていないかもしれません。

爪は1~2センチほどの幅と長さです。小さな範囲で細かな絵を書くことがほとんどなので、細かい作業が苦手な人は、苦痛に感じてしまうかもしれません。

手元が震えてしまう人も、ネイルをしているときにずれてしまうことがあります。このような細かな作業が苦手な人は向いてないかもしれません。

打たれ弱い人

打たれ弱い人は自信をなくしてしまう傾向にあります。

せっかく顧客に施術できたとしても、小さなミスや先輩からのアドバイス、顧客の反応によって自信をなくしてしまうケースもあります。

向上心に変えられるのならよいのですが、落ち込んで塞がってしまわないように気をつけましょう。自分ならではの発散方法を持っておくとよいでしょう。

体力がない人

体力がない人は仕事になれるまでに時間がかかるかもしれません。

ネイリストは、一日中座っているイメージがありますが、座り続けるのにも体力が必要です。腰痛や集中していると起こる首や肩のこりはネイリストの職業病ともされています。これらに対処できるよう、体力や筋力をつけておくことが大切です。

ネイリストの仕事を続けるために必要なスキル

ネイリストの仕事を続けるために必要なスキルは3点です。ネイル以外の技術でも、スキルは必要です。詳しく解説します。

タフな精神力

タフな精神力を持つことが大切です。

タフな精神力とは、ただ何を言われても動じないというわけではありません。アドバイスや失敗をいかに昇華させて自分のものにできるか、ということです。自分を常にアップデートできる心構えで仕事をするとよいでしょう。

相手に興味を持って接客をする

相手に興味を持って接客をすることは大切です。

ネイリストになりたてでも、話術でリピーターを作ることはできます。話しているのが楽しいから、とネイルモデルに立候補してくれる顧客も得られます。相手に興味を持つだけで、顧客から愛されるネイリストになれるので、積極的に顧客とのコミュニケーションをしましょう。

流行りの柄などを研究する

流行りの柄などを研究して自分のデザインに取り込みましょう。

流行りのキャラクターや洋服の柄、色合いなど、トレンドは日々更新されます。洋服と一緒で、ネイルはファッションの一部です。

流行りを取り入れて、常に最新の要望にも応えられるように練習しておくとよいでしょう。話題性で顧客を集められるヒントにもなります。

まとめ

ネイリストに向いている人、向いていない人の特徴を紹介しました。向いている人の特徴では、細かい作業が得意で、ネイルが好きな人です。ネイルに関する学習が積極的にできる人でもあるので、向いているといえます。反対に、向いていない人は、細かい作業が苦手な人、接客が苦手な人、打たれ弱い人です。打たれ弱い人に関しては、考え方を変えるだけで前向きになれるので、克服できるチャンスもあります。また、ネイリストを続けるために必要なスキルとして、強い心を持ち、人に興味を持って接客すること、流行りを取り入れる努力をすることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

ヘアデザイナーになるためには、美容師としての技術と知識に加え、ヘアデザインの知識、技術が必要です。また、今後ヘアデザイナーを目指すにあたって、美容師とヘアデザイナーの違いについて理解する必要
続きを読む
美容インストラクターとは、美のプロフェッショナルです。個々の美容目標に合わせてアドバイスやトレーニングを提案し、クライアントが最高の自分を引き出せるようサポートします。この記事では、美容イン
続きを読む
ヘアメイクアーティストを目指したいと考えている場合、どんな就職先があるのか、どんな雇用形態があるのか知るのは重要なポイントです。テレビや雑誌の撮影で活躍する仕事というイメージはありますがどん
続きを読む
美容専門学校関連コラム