ブライダルスタイリストになるためには?具体的な方法について解説!

公開日:2022/08/01  最終更新日:2022/08/17

ブライダリスト

新婦さんの幸せな姿を見ることができるブライダルスタイリストは、女性の憧れる職業のひとつではないでしょうか。ウェディングに関わる仕事は、華やかでやりがいを感じやすいものです。この記事では、ブライダルスタイリストになるための方法やブライダルスタイリストの仕事内容についてまとめます。

ブライダルスタイリストとはどのような仕事?

ブライダルスタイリストとはどのような仕事なのでしょうか。ブライダルスタイリストは、花嫁さんがより美しく素敵に見えるようにスタイリングをするお仕事です。花嫁さんがなりたい姿を叶えてあげるだけでなく、より美しく見えるにはどうしたらよいのか、魅力を引き出してあげるにはどうしたらよいのかということも考えてコーディネートします。花嫁さんの要望を取り入れてということが前提なので、高いコミュニケーション能力も求められます。

ブライダルスタイリストは、ヘアメイクやジュエリー、ドレス、ブーケなど花嫁さんのコーディネートに関わる知識全般を持っているだけでなく、ウェディングの会場や空間の知識も持っていなければいけません。

ブライダルスタイリストに向いているのはどんな人?

ブライダルスタイリストに向いているのはどのような人なのでしょうか。ブライダルスタイリストになるために資格は必要ないといわれていますが、資格を持っていた方が知識や技術があることは証明しやすいです。ここでは、適正として向いている人についてまとめます。

気遣いができること

花嫁さんは、挙式当日までさまざまな不安も抱えています。それもくみ取ってあげて気遣いできる人でなければ、ブライダルスタイリストとして活躍できません。緊張してしまっている花嫁さんも多いので、適度にリラックスさせてあげられる空気作りも重要です。花嫁さんは、リラックスできれば自分の意見も言いやすくなるので、より理想の姿になれるといえるでしょう。

美容に関心があること

ブライダルスタイリストは、花嫁さんの魅力や美しさを引き出す仕事です。そのため、美容に関心がなければ務まらないでしょう。日頃から、美に関する情報や芸術に触れることで感性を磨いておく必要があります。

ファッションセンスがあること

ブライダルスタイリストは、花嫁さんの全身のコーディネートをしなければいけません。そのため、ファッションセンスがないと素敵なコーディネートを提案できないのです。ファッションセンスを磨くだけでなく、流行のブライダルスタイルも把握しておく必要があるでしょう。

提案力があること

花嫁さんが悩んでしまっているときは、ブライダルスタイリストが提案してあげることで、決まることも多いです。たとえば、ドレス選びで悩んでいるならより似合うドレスについて提案してあげる、ヘアメイクで悩んでいるならおすすめを提案してみるなど提案力が求められます。提案した内容で喜んでもらえるとよりやりがいも感じられるでしょう。

判断力があること

結婚式当日は、何でもスムーズに進むとは限りません。予測できないようなトラブルが起こることもあります。そのようなことが起きた場合も、冷静に対処できるような判断力も求められます。

ブライダルスタイリストになるためには?

ブライダルスタイリストになるためには、どのようにすればよいのでしょうか。ブライダルスタイリストは資格が必要ないといわれているので、大学を卒業してブライダル業界に就職してから目指すことも可能です。しかし、ブライダルスタイリストとして早く仕事をしたいなら、専門学校を卒業したほうがよいでしょう。

ブライダル関連やファッション関連の専門学校に通うのがおすすめ

ブライダル業界が開校している専門学校は、ブライダルコースが設けられていることが多いです。ブライダルに関して幅広く知識を身につけることができます。ブライダル業界にそのまま就職できるチャンスも多くあるので、ブライダルスタイリストとして活躍しやすいです。ファッションの専門学校の場合は、美容コースでブライダルスタイリストを目指せるコースが設けられているケースもあります。ブライダルに特化していないので、ファッション関連の知識も学んでブライダル業界で活躍したい場合は、ファッション専門学校のほうが活躍の場は広げられるでしょう。ご自身に合う学校を探してください。

ブライダルの仕事で身につけておきたいこと

ブライダルスタイリストとして仕事をする際は、ドレスの着付けやコーディネート、和装の着付けや和装での振る舞い方、ジュエリーに関する知識、フラワーアレンジメント、カラーコーディネート、ヘアメイクなどの技術が求められます。

まとめ

ブライダルスタイリストになるための方法や、ブライダルスタイリストの仕事内容、向いている人などをお伝えしました。ブライダル業界に興味があるという人は、ブライダル専門学校への入学も検討してみてください。しっかり知識を身につけることができるので、より早くブライダルスタイリストとして活躍できるでしょう。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

どのような人が美容師に向いているのでしょうか?美容師という華やかな職業に憧れる人も多いですが、すべての人に向いている仕事とはいえません。そこで今回は、美容師に向いている人と向いてない人の違い
続きを読む
美容業界で働きたいと考えている方の中には、美容専門学校の夜間課程について気になっている方もいるのではないでしょうか。夜間過程と昼間過程は、学ぶ時間帯や期間に明確な違いがあり、夜間課程に向く人
続きを読む
「美容専門学校に行きたいけど、学費がどのくらいか気になる」という方も多いのではないでしょうか?美容師をはじめ、美容に関する仕事を目指すなら通うべき美容専門学校ですが、学校ごとに学費の差は大き
続きを読む