アロマに関する資格は美容師の仕事に役立つ?アロマセラピストとは

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/22

美容専門学校 アロマセラピスト

アロマに関する知識と技能を使って癒しを提供するアロマセラピスト。最近はアロマに力を入れているサロンも増えているため、美容業界で活躍する美容師にもアロマセラピーの勉強をする人が増えています。今回はアロマセラピストがどんなものなのか、具体的に美容師の仕事に役立つ資格や取得するメリットを踏まえて解説しましょう。

アロマセラピストとは

そもそもアロマセラピストはどのような仕事をする人なのでしょうか?アロマテラピーに使われるのは、エッセンシャルオイルと呼ばれる植物性の香油です。アロマセラピストは数あるエッセンシャルオイルの中から、その人が今必要としているものを選択し、提案するのが主な仕事。いくつものオイルをブレンドすることで一人ひとりに合ったオーダーメイドのエッセンシャルオイルを作ることもあります。

アロマの世界はとても奥深く、アロマに求めることは人それぞれ違うものです。リラックス効果はもちろんですが、香りで気分を変えてリフレッシュしたかったり、仕事や勉強への集中力を高めたかったり、なんとなく落ち込んでいて元気になりたかったりと、さまざまな目的があります。それを見極め、適切なアロマへと導いてあげることがアロマセラピストの役割です。

アロマセラピストになるには?

アロマセラピストになるためには、特別な資格は必要ありません。極端な話、自分で「アロマセラピストです」と名乗るだけでアロマセラピストになれてしまいます。しかし、知識も技能もない人にアロマの仕事を依頼する人はいません。自分がどの程度アロマに精通しているのかを客観的に示すためにも、やはりアロマに関する資格は取得しておいたほうがいいでしょう

アロマセラピストに関する資格はどれも民間の協会によるもので、国家資格や公的な資格ではありません。そのため、アロマに関する職業を希望する場合でも、必ずしも持っていないといけない、持っていないと働くことができないというわけではないのです。

しかし、アロマに関する資格を何かひとつでも持っていると、美容サロンやアロマ専門店の就職に有利になる場合もあり、求人に「有資格者優遇」となっているところもたくさんあります。いざアロマに関する仕事に就きたくても丸腰では不安です。ぜひ何か資格を取って、自分の知識を増やし、自信へとつなげてください。

美容師の仕事に役立つアロマに関する資格

美に関するプロフェッショナルである美容師にとってもアロマは無関係ではありません。最近は美容室でも、シャンプーやコンディショナーの香りを選べたりするところも増えてきましたし、お客さんに「癒し」を提供する際、アロマに関する知識があれば、美容室で過ごす時間をより居心地のいいものにすることができます。では、実際に美容師の仕事に役立つアロマの資格にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

アロマテラピー検定

アロマに関する資格でもっとも有名なのがアロマテラピー検定です。実施しているのは日本アロマ環境協会で、公益法人ということもあり知名度も信頼度も高い資格。アロマテラピー検定には1級と2級があり、2級はアロマ初心者にも挑戦しやすい内容となっています。

1級は2級に比べると少し難易度が高く、2級にはない「アロマテラピーとビューティ&ヘルスケア」「アロマテラピーの歴史をひもとく」「アロマテラピーに関係する法律」というような分野もあり、問題数も2級より多いです。美容師として仕事にアロマを活かしたいのであれば、1級取得を目指したいもの。メジャーな資格ということもあり参考書や通信講座も充実しているので、仕事をしながらでもチャレンジしやすい点も魅力でしょう。

アロマトリートメントアドバイザー

アロマで人を癒すということを重視したいなら、アロマトリートメントアドバイザーがおすすめです。アロマトリートメントアドバイザーの役目は、アロマを使ってお客さんの心身のケアをすることです。トリートメント施術のスキルなども身につけることができるため、美容師の仕事に役立つ機会も多いでしょう。アロマテラピー検定とあわせてダブル資格取得が目指せる通信講座のコースもあるので、一気に資格を取ってしまいたいという人はぜひ検討してみてください。

アロマセラピストの資格を取得するメリット

ストレス社会においてアロマに癒しを求める人は年々多くなってきています。雑貨店などでもアロマ関連のグッズが数多く展開されていて、ニーズの高まりを感じるでしょう。それくらい、アロマは私たちの生活には身近なものになってきています。美容室でもアロマを取り入れるところは増えてきました。アロマで心地よい空間を作ることで、美容室に「いい香りで癒される場所」という付加価値をつけることで、ただ髪を切ったりカラーリングしたりしてもらうだけのほかの美容室との差別化を狙えるという利点もあるのです。そのためにも、美容師がアロマの知識を持っていることは大きなメリットになります

 

アロマに関する資格は数多くあり、趣味で取得しようと考える人や仕事に直接活かしたいと考える人など、受験する人の目的もさまざまです。それぞれの資格の特色を知り、どの資格を取得するのが自分にとって最適なのかをよく考えることが大切。資格がなくてもアロマを楽しむことはできますが、基礎からアロマのことを勉強し、知識を増やすことで、より豊かなアロマ生活を楽しむことができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

おすすめ関連記事

【NEW】新着情報

美のプロフェッショナルとして、アイリストの役割は注目を集めています。まつげパーマやまつげエクステを施し、個々の魅力を最大限に引き出す専門家です。そこで本記事では、アイリストの日常業務や魅力を
続きを読む
ヘアデザイナーになるためには、美容師としての技術と知識に加え、ヘアデザインの知識、技術が必要です。また、今後ヘアデザイナーを目指すにあたって、美容師とヘアデザイナーの違いについて理解する必要
続きを読む
美容インストラクターとは、美のプロフェッショナルです。個々の美容目標に合わせてアドバイスやトレーニングを提案し、クライアントが最高の自分を引き出せるようサポートします。この記事では、美容イン
続きを読む
美容専門学校関連コラム